女性の管理職が増えている?

女性の社会的な活躍が増えたことにより、女性を管理職としての登用することに関心が高まっています。女性活躍推進法が制定され、各企業が積極的に女性管理職を増やしたことも大きな要因です。しかしながら、いまだに男性優位や男女格差が根強く残っているという声が多いのも実情で、他先進国に比べて遅れているのは間違いないでしょう。

女性管理職が増えない理由とは一体なんでしょうか。
まず第一に管理職を目指したいと思っている人が圧倒的に少ないという事実があります。理由として、キャリアパスに管理職がそもそもなかった、女性の管理職がいなかった、家庭との両立が難しそうなどがあります。女性の管理職割合を見てもロールモデルが少ないことは明らかで、仕事と家庭の両立が難しい環境や風土、社風が原因であることが明確にわかります。

そんな厳しい状況の中でも管理職として活躍している女性は多くいます。女性管理職を登用することで、企業にとってどんなメリットがあるのか見ていきましょう。
・様々な着眼点の確保
・女性管理職としてのロールモデルの確立
・相談しやすい環境
・多様性を持った組織の構築

このように企業成長に繋がる女性管理職の育成、登用は重要な課題となっています。組織の創造性や生産性を高めるには女性管理職の育成は欠かせない取り組みの一つと言えます。女性管理職を増やすために、女性が働きやすい環境づくりや社内制度の見直しを進めていきましょう。